スポンサーリンク




地震保険って必要ですか?

 

みなさんは家の保険といえば何を思い浮かべますか?

 

ほとんどのかたは火災保険をまず連想すると思います。

特に集合住宅にお住いの方は、手続き時に「火災保険」のご案内がありご加入されると思います。

 

・・・そうなんです。

 

火災保険の方が認知度が高いのです。

 

 

しかし、住宅のリスクとして火災保険と同様大きなリクスである地震にも備える必要があります。

 

その地震に備える保険として、「地震保険」というものがございます。

 

そもそも地震保険ってなに?

 

地震保険というのは、火災保険に付帯できる保険で地震による建物の損害を補償してくれます。

ちなみに一般的な保険会社では、火災保険の金額の50%の金額を火災保険の上限金額として決めることができます。

 

例)火災保険金額 3000万円だとすると

地震保険金額 1500万円となります。

 

毎年の保険料金は少し上がりますが、備えがあるだけで安心できますね。

 

被災の状況にもよりますが、住宅ローンがまだ残っている場合は免除や減額ができる制度もあります。

 

また同等のもので火災共済というものがあり、その中に地震保険がございます。

ただし保険会社のものと比較をすると価格が安いというメリットがありますが、補償される金額(上限の金額)が保険会社ほど高く設定できないというデメリットがございます。

 

加入率は?

 

まず、火災保険の加入率から。

 

約8割ほどと言われています。

100%かと思っていたのですが、意外ですね。

 

そして地震保険は・・・

 

調べた範囲の割合ですが、全国平均で3割弱となっています。

めっちゃ少ないですよね。

びっくりですね。

ただ、火災保険と違い、地域差が多く10%前半の県から50%近い県までばらつきがあります。

 

そして地震保険の特性として強制力のない保険です。

ですので、地震のリスクが高い地域では、保険会社や保険代理店の取り組みにより周知されていたりして加入率が上がったりもしていると思います。

保険料も上がるので必要性を感じなかったら加入しませんからね。

 

地震保険に加入しなかった理由は?

 

複数選択のアンケートでは、加入しない理由で一番多い理由は、

「保険料が高いイメージがある」「実際に見積もりをしたら高かった」という金銭的なものです。

まぁ、そうですよね。

安かったらもっと加入率高そうですしね。

 

このアンケートの中で、私が気になった理由があります。

「保険の内容がわかりにくい」「加入の機会、勧誘がなかった」「加入の方法がわからなかった」という理由です。

この理由は、「加入の意思がある(場合によっては加入したい)が加入できていない」という人もたくさんいるということを裏付けています。

 

これは保険会社も加入した人もどっちも損をしている状態ですね。

 

理由を大きく分けるとこのようになります(少数の理由は省いています)

 

①金額が高くて、もしくは高そうで必要性を感じているが加入はしていない。

②内容を理解した上で加入していない

・地震に被災しないと思っているから

・補償上限金額が火災保険の50%で満額補償してくれないので不要

・現預金あるし

・耐震だから などなど

③加入の意思があるが加入の機会がないから

 

というような分け方ができます。

 

これで言えることは、③の理由を無くせばもっと必要な人に必要な補償が行き届くということです。

そして②の人へもしっかりと問題提起することにより、再度検討いただけるようになります。

 

結局のところ地震保険は加入した方がいいの?

 

地震保険は加入した方がいいです。

何故ならば、自信を予防することができないからです。

火災であれば自分でできる限り予防なり対策ができます(類焼の場合は除きます)が、地震は天災ですので完全な予防ができません。

予防ができないものに関しては、補償をつけるということが有効です。

 

そもそも火災保険の付帯特約という位置付けなのも加入率を下げる要因なのかもしれませんが・・・。

 

家計の中で固定費として考えられる保険料ですが、今一度考え直されてもいいと思います。

 

私には何のメリットもありませんが、地震保険ご加入をお勧めしてみました。

 

最後まで御覧戴きまして、ありがとうございます。

ご意見、ご感想などありましたらコメントくださいませ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA