スポンサーリンク




早7年目突入!パンダ子店長日記が出来たきっかけ。

※この記事は過去に別のブログで公開していたものをお引越しし、加筆・修正したものです。

 

パンダ子店長日記 編集長 キハラ タケルと申します。本名です。

 

ブログの前に、パンダ子店長日記というチラシが誕生したお話(ブログですが、元ネタとしてチラシがあります。自分で言ってしまうのはおこがましいですが狭く浅ーく、若干の人気がございます。最近はその若干

の人気も下降気味です。)です。

 

パンダ子店長日記は、たまたま知人と紀伊半島を一周しようか!と企画をして行った際、フロアの隅っこに置いてあった薄汚れた「パンダさん」を持て行って、なんとなーく写真に納めていました。

 

その場は自分たちの遊びのつもりで撮影をしていたので、その写真はブログなどでお見せするつもりは全然ありませんでした。

 

お仕事の中の恒例行事に「カレンダー配り」なるものがございます。

 

「カレンダーをお渡しするだけはちょっと味気ないな。なにかチラシ作ろうか!」と思い、いろいろ作ってました。

 

チラシも試行錯誤し、最初はすっごく厳しい当時の上司に「葬式の手紙か!!」などと言われつつも、画像を入れ、旅の行程を入れ、ところどころ小ネタも入れ…。

 

結果、すっごく厳しい上司に「面白いな!」と行っていただけ、お客様にお見せできるチラシになりました。

 

vol.1 が出来たのは2010年11月。

今でも鮮明に覚えています。

5年半前、和歌山の串本へ行ったあの日から、皆さんに少しだけ喜んでいただき、ちょっとした驚きと、どうでもいいキハラのお話をお届けすることは決まっていたのかもしれません。

 

ちなみに、出来た当時は、全然コンセプトは決まっていませんでした。 ただ、一緒に旅をしていた知人との共通の話題「水曜どうでしょう」という伝説のテレビ番組の存在は肝にあったのは確かです。

 

旅をして、チラシにまとめ、お客様にお届けする…、この繰り返しでした。

 

 

そんな活動をしていた時に、最初は「一方的にお届けして終わり」だったのですがある時から「面白い!」とおっしゃってくださる方がいらっしゃる事に気がつきました。

 

それまでは、「勝手に旅に出てチラシ作って身内に楽しんでもらえれば上出来」 くらいの考えでしたが、大きく変わりました。

さんざん配っときながらなんですが、「読者」を意識した瞬間でした。

 

 

そして旅が嫌いになったきっかけでもありました。

 

読者がいる

面白くなくてはいけない

旅先や内容に気をつける

車内で若干の緊張感が走る

旅に出るのがストレスになる

でも読者がいる…

 

このスパイラル。

 

当時元気いっぱいの20代前半だった私はどん欲に「もっと遠くへ行って」「もっと過激に…」と質を上げる事にこだわっていました。

 

自叙伝でもないのに、長くなってますがもう少しお付き合い下さい。

 

 

ただ、考え方はいつのまにか変わっていました。

大きなきっかけがあったかはわかりません。

恐らくお仕事やプライベートで時間が裂けなくなった事も原因かと思います。

 

その答えは、結局原点にありました。

 

ぼくの出来る範囲で旅をして無理の無いチラシを作りお客様に「少しの癒し」と「少しの驚き」をお届けすればいい という事でした。

 

ありがたいことに期待はされます。

 

かといって無理に遠く行く必要もなく、無理に面白くする必要もない。

ただ、ありのままのパンダ子店長日記で旅をしていた初期のチラシが、今でも面白いんだから。

 

 

まぁ今年は原付で北海道まで行くんですけどね。

 

夏。

 

今年のお盆休みの予定ですか?

 

ずっと原付のってるんじゃないですかね。

 

そうです。無理の無い、パンダ子店長日記らしい旅をこれからも続けます。

 

応援よろしくお願い致します。

 

※福井県から北海道までの原付の旅は2016年の夏に行った企画です。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA