スポンサーリンク




【福井のお花見スポット】桜の名所「金ヶ崎宮」でお花見をしてきました

桜の季節になりました。

 

街で咲いている桜の花をみると、少しウキウキしてくるのは私だけではないはずです。

春は不審者が多発する季節ですからね。

 

 

今回は地元福井で桜の名所と呼ばれている「金ヶ崎宮」のご紹介を致します。

 

金ヶ崎宮

 

住所は福井県敦賀市金ヶ崎町。金ヶ崎宮は1890年、金ヶ崎城趾に創建されました。

金ヶ崎宮からは、金ヶ崎緑地、赤レンガ倉庫など敦賀市の観光名所が一望できます。

 

 

写真左側に見える三角屋根の赤い倉庫が「赤レンガ倉庫」とよばれ、敦賀の観光名所です。

写真中央の赤い三角屋根の建物が、「人道の港敦賀ムゼウム」です。「命のビザ」と呼ばれ、ユダヤ人の命を救った「杉原千畝さん」に関する資料が沢山あります。

 

金ヶ崎宮から徒歩で移動できる距離なので、ぜひ一緒にご覧になってください。

 

金ヶ崎宮の桜

 

金ヶ崎宮に入る前から沢山の桜が出迎えてくれます。

 

駐車場から少し歩いたことろ。

階段と坂道を登らないと上までいけません。

 

桜のシーズンは人が多いです。

3週間ほど前に来た時は2、3人しかいなかったのに・・・。

 

 

階段の先に本堂があります。

上は少し広くなっていて、数席テーブルもあるので天気のいい日にはピクニックなどにも最適です。

 

花換えまつり

 

金ヶ崎宮のお花見イベントといえば、「花換えまつり」です。

 

「花換え」とは・・・

その昔、桜見物に来た男女が「花換えしましょう」と声を掛け合い、想いを伝えあったのが始まりと言われています。

現在では男女関わりなく「花換え」をすることによって願いが叶うと言われており、交換した桜の小枝はその願いを叶えるためのお守りになります。

金ヶ崎宮の案内看板より引用

 

花換えのやり方

 

①金ヶ崎宮にて「桜の小枝」を授与してもらう(初穂料 500円)

②本殿の隣にいる「福娘」と「花換えしましょう」と声を掛け合い交換する

③桜の小枝を大事に保管する。

 

という順序でございます。

そう、一人でもご安心ください。

「福娘」とよばれる方がいらっしゃり、花換えをしてくれます。

 

こちらが案内の看板です↓↓

 

 

本堂の様子

 

めっちゃ厳かですね。

まつり期間中はもう少し華やかになるかと思います。

 

桜の小枝をもらう場所↓↓

 

階段登って右手にあります。

 

花換えまつりの開催期間

2018年の花換えまつりは

4月1日から4月15日です。

 

もちろんそれ以外の日でも桜が咲いていれば桜は見れます。

 

期間中は出店などもあります。

金崎宮からの景色も素晴らしいので、福井県近辺の方はぜひ一度お立ち寄りください。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA