スポンサーリンク




【旅日記】原付の旅〜青森・大間編〜

 

バックナンバーを整理したらブログに起こしていない記事をみつけたシリーズでございます。

 

今回は、6年前の2012年8月に原付で行った青森県・大間の旅でございます。

帰りのフェリーがなく、絶望しながら帰路についた事は今でも忘れません。

 

道中旅先であった人にどれだけ助けられたか、記事を見るたびに思い出します。

ありがたや〜。

 

そんな思い出深い青森・大間の旅を振り返ってきます。

 

 

旅の日程

 

 

2012年8月13日

 

【5時30分】

敦賀出発。オリンピックの閉会式を見てしまい、5時出発の予定が少し遅れる。

【8時15分】

石川県突入。

【9時41分】

金沢市 ゆめの湯を泣く泣く素通り。

【10時30分】

富山県突入。8号線をひたすら走る。

【15時5分】

新潟県突入。すぐ近くの道の駅「越後市振の関」で食事。新潟に入ったのに富山特産「ます寿司」を食べる。新潟で食べてもうまかった。

【19時頃】

新潟県柏崎市突入。突如、豪雨にあう。海沿いの道を走行中、暗く、対向車のヘッドライトで前が見えなくなるも必死に走行。

心が折れ道中の高そうなホテルへ行くも満室と断られ、走行開始。

柏崎市市街でマンガ喫茶を見つけ、迷う事なく避難。

 

2012年8月14日

 

【7時】

居心地がよく長居。出発時間がまたしても遅れる。

【11時頃】

新潟市突入。ずっと走ってきた国道8号線とお別れ。7号線を見つけるも、原付は走行不可の為迷子になる。

適当に走行していたら国道113号線にのり、そのまま海沿いを走りながら北上。

【14時20時】

山形県突入。新潟は長かった。

【15時56分】

初めて目的地青森を示した看板を発見。思わず写真を撮る。

【17時8分】

秋田県突入。看板を撮影中、日本を自転車で縦断している大学生と仲良くなる。

20日間で日本縦断するらしい。すごいなぁ。

【18時37分】

道中のすき家でこの日初めての食事。「特うな丼」と「ねぎ玉牛丼並」を食べた。うまかった。

【23時54分】

秋田県北部の道の駅で一泊。テントを張らずにヘルメットを被ったままで就寝。いままでで一番綺麗な星空をみる。

 

2012年8月14日

 

【6時】

秋田県八森町にて濤安の乙女(昭和58年5月26日正午に起こった日本海中部沖地震により犠牲にならてた方を慰める為に作られた像)を見る。

【11時20分】

青森市にある「あおもり健康ランド」にてひとっ風呂。良かった。

【17時20分】

大間崎にある「本州最北端」へ到着。記念撮影。

パンダがマグロに食べられる。

【18時】

フェリー乗り場を探しにうろうろ。道ゆく人に聞いたが、訛りと方言が強過ぎて内容がわからず。

しかし優しいおっちゃんがフェリー乗り場まで案内してくれることに。

ありがとうございます。

【18時40分】

フェリー乗り場を発見。しかし北海道行きのフェリーは次の日の朝7時函館へ向けて出発らしい。フェリー乗り場で一泊することに。

【19時】

フェリー乗り場で石川県から来た人と仲良くなる。「函館から敦賀って帰れるの?」と質問されて慌てて確認。帰れないことが判明する。

小樽から帰るフェリーも満室で青森から帰れなくなる。

【20時】

腹をくくって来た道を戻ることに。

【20時20分】

明日も走るということでしっかりと休息することに。

「みちのくホテル大間亭」で素泊まり。結局マグロを食べるのを忘れる。

 

2012年8月15日

 

【7時】

旅館を出発。日本海へ向けてひた走る。

【14時】

青森市到着。行きで素通りした青森県庁で記念撮影をする。

【15時】

道の駅 アップルヒルにてお土産購入とお食事。三色丼をいただく。うまかった。

【1時20分】

ひたすら走り山形まであと少しのところで野宿。適当な場所がなかったので大きな交差点でテントを張る。

怖かった。

【19時】

ひたすら走り富山県突入。

【19時10分】

富山県入ってすぐの道の駅で野宿。変な動物の鳴き声を聴きながら就寝。

【1時】

起床。ふらふらになりながら走行。

【3時頃】

金沢市突入。突如激しい睡魔に襲われて近くのマンガ喫茶へ避難。

マンガ喫茶を満喫。

【10時】

断腸の思いでマンガ喫茶を出発。まだまだ満喫したかった。

【14時25分】

敦賀到着。戦利品はお尻の病。

総走行距離 2200キロ

 

 

旅のお写真

 

出発前の原付の様子。

長旅前の気合が感じられます。後ろの前のキャリアは自家製です。

前にクッション、後ろに荷物、テントなどを積んでいます。

聖地・金沢ゆめの湯を素通り。

 

新潟に入ってすぐの道の駅「越後市振の関」でのお写真。

4年後の北海道編で同じ写真を撮影することになります。

 

新潟で食べた富山名物の鱒寿司。

新潟で食べても美味しい!

 

どんよりとした天気の中、日本海側を北へ向けて進んで行きます。

 

 

初めて青森県を記した看板。

「あと315キロだ!もう少し。」という心境でしたが、今見ると「遠っ!」と思います。

 

すき家で食べた晩御飯。

その日初めての食事だったのでたくさん頼んで、苦しみました。

そのあと満腹で眠くなるんですよね。

 

 

秋田県にある「濤安の乙女」での写真。

朝日を浴びて神々しいです。機会があれば再度訪れたい場所ですね。

 

青森でお世話になった「あおもり健康ランド」でのお写真。

連休にはバイク乗りたちが集まります。

4年後の北海道編でも立ち寄って一泊しています。

 

 

本州最北端の地にパンダ降臨。

 

 

パンダでマグロを釣る!!

 

 

ひとときの安らぎをありがとう。

大間亭。大間に行かれたら、ぜひお立ち寄りください。

素泊まりで4000円くらいだったはず。

 

 

青森県庁にご挨拶。

 

 

この旅の贅沢。

大間でマグロを食べ損ねたので、3色海鮮丼でリベンジ。

うまかった。

 

まとめ

 

帰るフェリーがなく、絶望した旅からもう6年が経過していました。

あんなに困った事は今のところございません。

 

日常で起きないような困難なことが起こるのも旅の醍醐味ですね。

免許持ってないのと、取る予定もないので原付しか乗れませんが、これだけは言えます。

 

原付の旅、最高!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA