スポンサーリンク




【沖縄県金武町・億首川】カヤックに乗ってマングローブ探検。自然を感じたい人は行ってみよう。

沖縄県でのアクティビティといえば、パラセーリングやダイビングなど目白押しです。

そんな中、今回「カヤックでマングローブ探検」をしてきました。

行く前まで知らなかったことは秘密です。

 

俺たち大人だぜ?そんな楽しめないだろ。思っていましたが、ツアーガイドの人も気さくな人で、同行させていただいた観光客の人もとてもいい人で楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

そんな楽しかったマングローブカヤック、思い出に浸りつつ、皆様にもご紹介させていただきます。

 

まずはマングローブカヤックの前に基礎知識として、「マングローブとは」というところをご紹介致します。

 

なぜなら、私も探検ツアーで初めて知ったらかです。

 

マングローブって?

 

 

マングローブは、熱帯、亜熱帯地域の汽水域に生えている森林の総称のことです。私はマングローブという種類の木があるものだと思っていましたが、違いました。

(※汽水とは、淡水と海水が混在した水のことです。)

波あたりが強い場所には生息しないらしく、今回行った億首川も海から少し離れた干潟のところに生えていました。

樹齢が高いほど葉が高いところに生えるそうです。へぇー。

 

ちなみにマングースはハブと戦うやつですね。

 

マングローブの葉が黄色くなる理由

 

熱帯、亜熱帯に生息する植物なので紅葉はしないそうです。

ではなぜ黄色い葉があるのか。それは、紅葉と違いとても面白い仕組みになっています。

 

汽水域に生息するので、根から水分を吸い上げると塩分も一緒に吸い上げてしまいます。その塩分を外にだす役割を黄色い葉が担っています。

葉に塩分が集まり、溜まったところでポトリと落ちるそうです。

 

そしてその黄色い葉はほんのりしょっぱいんですよ。

(真ん中の太い葉脈がしょっぱいです。私がかじった跡が沢山ありますね。足にかかっているモザイクはすね毛の為です。)

 

とても面白い習性ですね。

 

カヤックマングローブ探検の魅力

 

マングローブについて知っていただいたところで、カヤックでマングローブ探検をする魅力をお伝え致します。

億首川には4種類のマングローブが生息しています。根に違いがあるそうですね。どんな4種類だったかは、カヤックではしゃいでいて聞き逃してしまいました。面目無い。

もちろんカヤックでなくてもマングローブを見ることは出来ます。

しかし一番の特徴ともいうべき根を間近で見ることができるのがカヤックの魅力です。

マングローブの根だけではありません。根の近くには「ハゼ」や「カニ」など他の生き物を観察出来ます。

 

そしてマングローブの下をくぐるという、冒険心を満たせるというのも大きなポイントですね。

マングローブの下を潜っている写真。

顔が大変な事になっていたのでモザイクをかけておきました。

 

船酔いしないの?

 

乗り物酔い体質の私がとても気にしていたところでございます。

自分で車を運転しても酔うし、釣りする為にボートに乗ってエサつけようとした瞬間酔うほどの三半規管を備えている私ですが、大丈夫でした。

景色も綺麗で河口なので波も高くありません。(時期や天気によっては少し波が高い可能性はあります。)

でも、どうしても心配という方は酔い止めなどで対策をしましょう。

 

準備した方がいいもの

 

基本的には準備物などはないのですが、あったら良いよというレベルでは少しあります。

今後行かれる方の参考になれば幸いです。

 

⒈濡れても良い服装

注意していても結構濡れます。

特に2人乗りのカヤックで前の人が力一杯漕ぐと水しぶきが後ろに飛んできます。

場合によっては座った瞬間お尻が濡れていということもありますので、濡れても良い服装、もしくは着替えを用意しましょう。

 

⒉防水・フロート機能付のケースに入ったスマートフォンやカメラ

基本的にはカヤックに乗って移動をします。

そこで嬉しそうにスマホで写真を撮るのも良いのですが、落としたら絶望します。

 

だからと言って持っていかないというのも難しいですよね。

 

ですので、フロート機能付きのケースか防水ケースに入れて体に縛っておきましょう。

私はたまたま自撮り棒を持っていたので自撮り棒を紐で縛りカヤックに持ち込みました。

 

通常の防水では海水は対応していない場合が多いので、防水ケースは強くおすすめ致します。

 

⒊飲み物

がっつり必要な訳ではないのですが、ツアーによっては2、3時間探検をします。

飲み物を用意してくれるツアーもありますが、基本は別々のカヤックで移動しますので、若干の水分を持って行った方が安心です。

私は喉乾いた状態でカヤックに乗り始めたので、激しく後悔しました。

もちろんゴミは捨てられませんので、ゴミはちゃんと持って帰りましょうね。

 

⒋サングラス

これまた必須ではないのですが、あるととても目が楽です。

日差しが強いので水面の照り返しも強く、めっちゃ目が疲れます。私は残念がら日焼けでサングラスのあとがくっきりとつきましたが、皆さんは日焼け止めなどで予防してくださいね。

 

まとめ

 

 

初めて行ったカヤックでマングローブ探検。

普段知ることが出来ない知識であったり、経験が出来ます。

沖縄にいかれた際は、ぜひマングローブ探検も候補に入れてくださいね。

 

重ね重ねになりますが、一緒のグループだった方々がとても良い人たちだったのが、より探検を楽しいものにしてくださいました。

ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA