スポンサーリンク




【旅日記】羽島市を観光!美濃竹鼻ふじまつりでふじを満喫

皆さまお久しぶりです。

きはらたけるでございます。

 

諸事情につきなかなか更新ができなかったのですが、諸事情も片付きましたので更新頻度は格段に上がりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

前置きが長くなりました。

今回はこれまた久しぶりの旅行記事です。

 

岐阜県羽島市の「竹鼻ふじまつり」を見てきました。

ふじも綺麗で、屋台もありお花をみながらお団子を食べることもできます。

 

お花なので虫が飛んでいることが多いですが虫もお花に夢中で襲われはしませんでした。

少しみていたら慣れる範囲かと思います。

開催時期は毎年4月下旬から5月上旬です。

 

ちょうど終わったところですね。今後行かれる方の参考にしていただければ嬉しいですね。

 

ふじってどんな花?

 

 

フジはマメ科フジ属のつる性落葉木本。つるは木に巻きついて登り、樹冠に広がる。直射日光のさす場所を好む、好日性植物である。花序は長くしだれて、20cmから80cmに達する。花はうすい紫色で、藤色の色名はこれに由来する。他のマメ科植物同様、夜間は葉をすぼめる。

wikipedia引用

 

下から生えてる花だと思っていた私からすると紫色の花が上からぶら下がっていて驚愕でした。

 

竹鼻別院のふじは樹齢300年以上

 

 

実際に私が確認したわけではないのですが、300年以上らしいですよ。

1700年頃ですね。徳川吉宗が征夷大将軍になった事にあのふじ は既に紫色の花をブラーって垂らしていた事になりますね。

花の美しさは変わってませんが、人間の営みはガラッと変わりましたね。

 

ちなみにきはら調べでは樹齢400年、500年、1200年のふじもあるそうです。

1200年前って空海が生きていた時代ですね。

ロマン溢れますね。

 

樹齢1200年のふじは埼玉県春日部市の「藤花園」という所にあります。

一度は見てみたいものですね。

 

竹鼻ふじまつりのお写真コーナー

 

観光地っぽいパネルのやつ。

竹鼻別院

屋台のお団子。うまかった。

アクセス・駐車場

 

住所 岐阜県羽島市竹鼻町2802(竹鼻別院)

名鉄竹鼻線羽島市役所前駅より徒歩5分

車でお越しの方は竹鼻別院のすぐ隣に駐車場があります。ご利用ください。

(駐車場金 1回300円)

竹鼻別院から徒歩70m程の所にあります。

 

まつり期間中は歩行者が多いので運転にはくれぐれもお気をつけください。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA