スポンサーリンク




【旅日記】絶景が広がる!岐阜公園と岐阜城を散策してきました。

お城シリーズが続きますが、今回は岐阜市にあります日本100名城の一つ「岐阜城」のご紹介です。

 

岡崎城の記事はこちら↓↓

【旅日記】岡崎市観光!岡崎城と人気ラーメン店まんぷく屋を巡る旅。

 

2019年のゴールデンウィーク前半に行ったのですが岐阜城までのロープウェイが登り40分、下り45分待ちと激混みしていた。

人気観光名所の宿命ですね。

 

ゴールデンウィーク後半、再度訪れた際に岐阜城まで登ることができました。

やったー。

 

ということでご紹介をしていきます。

 

岐阜城の歴史

 

岐阜城は、かつて稲葉山城と称し、戦国時代には、斎藤道三公の居城でもあったところです。特に岐阜城の名を天下に示したのは、永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、この地方一帯を平定するとともに、地名も「井の口」を「岐阜」と改称し、天下統一の本拠地としてからでした。

岐阜市ホームページより引用

 

私がよく知るのは織田信長が居た城ってことくらいですね。

岐阜城の景観

 

岐阜城は金華山の頂上にあるので景色が素晴らしいです。

↑金華山ロープウェイから岐阜城までの道中に撮影。

 

↑岐阜城天守閣から撮影。街が一望できます。奥に見えるビル群が名古屋です。反対側は北アルプスの山々が見えます。

信長もこの高さから街を眺めていたのでしょう。

 

岐阜城内の展示

 

どのお城もですが、基本的には場内の写真撮影は禁止です(一部OKの場所もあります)。

↑写真撮影がOKだった場所です。パンダが信長の盾になって守っています。

 

これから訪れる方の楽しみが減ってしまうといけませんので、私が珍しく感じたものを少しだけご紹介いたします。

 

忍者関係の展示が充実。

 

手裏剣やまきびし、その他諸々の道具ですね。面白いので、興味のある方は楽しめますよ。

 

特に歴史に興味のある年頃になった中学生やNARUTOファンあたりは心踊ると思います。

写真撮影ができなかったのが口惜しや。。。

 

岐阜公園

 

岐阜城の下の公園です。お城に登る前に絶対通ります。

公園内に「信長の庭」と呼ばれる池があります。

木陰も多く心癒されること間違いなしです。

↑信長の庭

 

おみやげ屋さんや食べ物屋さんも公園内にありますよ。

(金華山の上にもおみやげ屋さんはあります。)

 

営業時間・アクセス

 

住所 岐阜県大宮町1丁目

無料駐車場と有料駐車場があります。

私が伺った時は無料駐車場は満車でした。公園すぐそばに有料駐車場がございますので、無料駐車場が満車の場合は1回300円で有料駐車場に止めましょう。無料駐車場より岐阜公園に近いのがメリットです。

営業時間 8時30分から21時まで

鵜飼などのイベント開催日は営業時間を延長しているそうです。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

公共交通機関の場合は岐阜駅からバスが出てます。

ちなみに岐阜駅まで徒歩で帰った時は40分ほどかかりました。岐阜駅近くでレンタルサイクルもありますので借りるといいです。

 

岐阜市公式ホームページ

https://www.city.gifu.lg.jp/8416.htm

 

リス村もおすすめ

 

岐阜城までの道中に「リス村」というリスと触れ合える施設があります。

子供から大人まで楽しめますので、岐阜城に行かれたらぜひお立ち寄りください。

【旅日記】金華山リス村でリスと触れ合いが楽しすぎた。うさぎもいたよ。


 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA