スポンサーリンク




ワイルドすぎる!熱帯魚オスカーの思い出

※この記事は過去に別のブログで公開していたものをお引越しし、加筆・修正したものです。

 

こんばんは。

 

熱帯魚って可愛いですよね。

 

私は過去1度だけ、飼った事がございます。

もう、10年近く前です。

オスターとグラミーという種類の熱帯魚を飼っていました。

 

グラミーは黄色くて髭みたいやのが生えてるおとなしい熱帯魚で、初心者にも飼いやすいという事で飼ってました。

 

そしてオスカーですが、ワイルドな熱帯魚です。

見た目はちょっと怖く、海水浴で泳いでたらちょっと引くような外見です。

 

飼った理由は、その引くようなワイルドな外見に魅力を感じたからです。

熱帯魚が詳しい方ならわかってもらえるかもしれませんね。

 

そんなオスカーですが、大きくなると30センチを超える熱帯魚で、非常によーーーくご飯を食べます。

 

熱帯魚飼われてる方のブログとかを読んでますと、餌をあげようとすると「水槽の中で餌ほしいアピール」をするほど愛嬌があり、食いしん坊みたいです。

 

うちのオスカーも例外ではありませんでした。

 

最初は普通に餌をパラパラ振りまいてたんですけども、オスカーは餌を振りまくまで待てなかったんでしょうね。

食いしん坊なので。

 

餌をまこうと指でつまんで水槽の上まで指を持って行ったら、オスカーがジャンプしたんです。

そして、私の指ごと餌をたべたんです。

 

 

本当です。

 

 

オスカーを飼ったことのある人ならわかっていただけると思います。

 

あっ、食べたと言っても私の指はまだついてますよ。

一緒にかじられただけです。

 

粗いヤスリみたいな歯が引っかかりました。

 

そんな特技を覚えてから餌をあげる時は、水面に撒かずに上で餌を見せていました。

チャポンっとジャンプをしてくれるんですねー。

 

なかなか無いと思います。

熱帯魚と肌と肌で触れ合えることなんて。

 

触れ合ったというか、たまにかじられてるくらいなんですけどね。

可愛くて、可愛くって。

 

もちろんしっかり餌はあげてますよ!

ジャンプも1回見れたら満足なので。

 

ちょっと街中で「オスカー」という言葉を見て思い出したので、ブログにアップしてみました。

 

これから熱帯魚を飼われる方、見た目の美しさは少ないです。

 

まーワイルドですが、結構地味です。

茶色っぽいし。

 

しかし、ものっすごい愛嬌があって可愛いので、ぜひオスカーも候補に入れてくださいね。

 

私は長生きをさせてあげられなかったのですが、飼う時のポイントをいくつかまとめます。

 

 

【オスカー飼育のポイント】

 

飼育される際は是非ご参考にしてください。

 

①肉食の魚なので同じ水槽に入れる他の熱帯魚に気をつけて!

 

あまり小さい熱帯魚と一緒に入れると、いつの間にかオスカーに食べられるかもしれません。成長速度や大きさなども考えてください。

 

②水槽の大きさは大きいものを!

 

オスカーは30センチを超える大きさの熱帯魚です。

小さいうちはいいですが、大きくなることを見越してあらかじめ大きい水槽(120cm以上)を用意される方がいいです。

 

③餌の量に注意!

 

オスカーは餌を与えたら与えた分だけ食べちゃいます。

可愛いのであげたくなりますが、与えすぎに気をつけてください。ただ、具体的な餌の量は覚えていません。

 

 

 

以上、

オスカーの思い出でした。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA