スポンサーリンク




「DJI Osmo Pocket」の私にとって不便なところベスト3【自撮り】

どうもこんにちは。

 

きはらたけるでございます。

 

最近動画投稿に力を入れようと思い、カメラを買いました。

悩んだ末、街ブラ用なので「DJI Osmo Pocket」をにしました。

 

購入した理由は、

①4K60fpsの中では、手頃価格だった(約36,000円)

②コンパクトである

③手ブレ機能もちゃんとある

というのが主な理由でした。

 

使っている中では、当初思っていた手ブレ機能はとても優秀でたまにiPhoneで動画を撮ると手ブレの酷さに驚きます。

そして画質も綺麗で、カメラを動かしても映像が飛んだりもせずスムーズに映ります。

 

当初求めていた機能は満たされています。

 

しかし使っていく中で思わぬところで不便を感じることがあり、現在買い替えを考えているところです。

現在カメラを買おうと思っている人の参考になればと思い、執筆しております。

 

ちなみに結論として、

「自分を中心に撮りたい人」にはめちゃくちゃオススメです。

 

では、ここが不便だったベスト3始まります。

ここが不便だった①写したいところが瞬時に写せない

 

Osmo Pocketの利点として、ハンドヘルド機能があります。

カメラに首が付いていて、手ブレ防止にも寄与する機能で、急な動きを抑えてくれます。

ただ、街ブラ途中に面白いものがあったりして、瞬時にカメラを向けようとすると、カメラの胴体だけ先に回って後からカメラが「スゥーーーー」って回るということがおきます。

結果、動画編集するときに微妙なもたつきになって繋がりが悪くなってしまいます。

 

仕様として4K60fpsにするとフェイストラッキング(顔を認識して追尾してくれる機能)がOFFになります。

最初はそれに気がつかずに4K30fpsにしていたので、自分の顔を撮りつつ喋って背景を見せようとカメラを移動したら、ブサイクな顔をずっと追尾し続けるという残念なことがおきました。60fpsにしたらフェイストラッキングが出来なくなったのでちょうどよかったですが、景色を重視する方には不向きな点です。

ここが不便だった②背景を移したいのに背景がぼやけてブサイクな顔が強調される

 

行った旅先の背景をバックに喋る時に起こることですが、背景がぼやけて顔がくっきり映るようになります。

美女とかイケメンならまだしも、ブサイクなおじさんがくっきり映っても誰得な感じになるので、背景と顔がおんなじように写してほしいというのが希望でした。

 

実際の写真をご覧ください。

 

 

いや、顔の方がボケとるんかい!!というツッコミはご不要でございます。

顔はモザイクをつけさせていただきました。

 

モザイク無しはYouTube「パンダ子店長ちゃんねる」で公開しています。ぜひ観てください。

チャンネル登録をしていただけるとめっちゃ喜びます。

動画ではOsomo Pocketで画角の調整がうまく出来てないであろう箇所がいくつかございます。

 

この画像で少しお分かりいただけるかと思うのですが、背景はうすぼんやりしていますが、それと比べると手前の人物にしっかりピントがあっています。

 

旅系の動画を撮りたい私にとっては背景も重要な要素なので、ここに関してはOsmo Pocketの長所がアダとなりました。

もちろん、顔を綺麗に写したいという人にとってはとても良い機能ですので、お間違えないようにご注意ください。

 

ここが不便だった③やっぱり画角が狭い

 

購入前から知っていたことだったのですが、実際に使ってみると画角の狭さがネックになりました。

色々な方のレビューでわかってはいたんですが、実際に使ってみるときつい部分が出てきました。

 

特に人物を撮ることがメインでなく、風景を撮ることがメインなので、画角は広い方が良いですね。

 

街中で撮ることが多いので、三脚などは持ち歩きませんし、基本的に自撮り形式になります。

なので自分の手をいっぱいまで伸ばしても、顔が大きく映ります。

 

いっぱいまで伸ばして上の写真のサイズってしんどいですよね。

理想としては、3割から5割くらい小さく顔が映ると良いのですが。

 

一応、広角レンズや延長ロッドも売ってるんで改善はできるんですけどね。

延長ロッドに関しては、GoProか迷った時にOsmo Pocketならロッドを買わなくても本体を持って撮影が出来るので、延長ロッド買うくらいならGoPro買ってました。

 

Osmo Pocketは自撮りには最適なカメラだが、風景には不向き。

 

今回は私の使い方にOsmo Pocketの良さが噛み合わなかっただけで、自撮りをしたい人にとってはとても理想的なカメラと言えます。

顔を強調してくれる機能や顔を追尾してくれるフェイストラッキングなど、優れた機能があります。

 

しかし、風景を撮ることがメインの私だと、風景をぼかしたり、風景にカメラをふりたいのに中心をキープして映像が変わらないというのは結構なネックになりました。

私のような使い方なら、普通のビデオカメラ、もしくはアクションカメラを購入した方が良いと使ってみて感じました。

 

改めて、事前に調べても使ってみて気がつくことが多いものですね。

 

では、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA